嬉しかった言葉

昨日はプムセの特別クラスでした。

仙台からいらっしゃる生徒さんから、すごく嬉しい言葉をいただきました。

子供がいつも学校でもボーっとしていたのだけど、最近とても元気で生き生きとしてきたんですよ、とお母様に言われ感激いたしました。

来年の3月の全日本プムセ大会に出場することで、彼自身にやる気と目標が出来たといいます。

彼は、とても素直で真面目で、教えたことを本当に一生懸命にこなします。

私のほんの小さな行いが、それぞれの人の生活や生きがいに潤いと活気をもたらすものならば、それほど嬉しいことはありません。

テコンドーを通じて学ぶこと、与えること、与えられること、様々な経験が人間を大きく成長させてくれます。

テコンドーという武道、スポーツが子供達の人間形成に役に立つことだろうと信じています。
[PR]