週末の練習と赤帯授与!

土曜日の綱島クラスは台風の中、練習に励みました!

子供クラスも一般クラスもプムセはテグ1ジャンをじっくりとやりました。

こんなに難しかったんですね~~~という声が・・・・

難しいですね。

初心者にはもう少しゆるーーーく指導したほうがいいのか?と迷いながらも・・・・つい細かくなってしまう。

これは性格でしょうね。

最初から正確に覚えるほうがあとあと困らないで済むと思うんですよね。

変な癖をとる事がどれほど大変なことかは、移籍組みを指導してきた私の経験からもそう思うんです。

頑張ってついてきてください!

やはり、その日学んだ事を家に帰って復習する人とそうでない人との差は一目瞭然です。


子供クラスのげんちゃんは、家で練習をしてくるようです。

動きを見たらすぐにわかります。

口に出さなくても、見えない努力は行動で感じる事ができます。

好きな事は楽しくて、努力を努力と思えないことってありますよね。

好きであること!が、まず大切でしょう。子供も大人も・・・・・・・・・・・・


さて、日曜日は風邪で欠席者があり、優秀な女子とのマンツーマンレッスンとなりました!

シプチンという型を細かく指導しました。

再来年は黒帯として全日本大会に臨んで欲しいので、今から準備が必要です。

私も久しぶりにミットを蹴ったり、1ジャンから8ジャンまでをノンストップでやってみたり。

きつかった~~~~~。


それから、先日の昇級審査で2級に合格したので、赤帯を授与しました。


b0128159_147333.jpg




本当にコツコツと階段を着実にひとつずつ上がってきました。

彼女のすごさは、苦手なものに真っ向から向かって克服していく姿勢です。

入会時、身体はものすごくかたく、姿勢もものすごく悪かった。

今では別人のようです。姿勢もよくなり、身長が伸びたそうです。


プムセに於いては、大会ではあえて苦手で上手く出来ないものを選択し、練習します。

そうすることで、上手くなろうと思う意志と集中力が高まり苦手を得意なものへと変えていってしまう。


b0128159_1243091.jpg


b0128159_1243109.jpg



常に保守的ではなく積極的に行動力と強い意志をもって、前へ前へと突き進む素晴らしさ。

そんな道場生から勉強させてもらうことが、多いです。

まだまだ、私も成長過程で反省させられます。

そんな心強い道場生の成長が心から嬉しく、よりテコンドーの素晴らしさ、テコンドーの持つ魅力、パワーを感じています。

感謝したいです。
[PR]