第6回 昇級昇段審査会

2010年4月30日(金)
本部道場にて、第6回昇級・仮昇段審査会が開かれました。


■チュチュムソギ・ジュモク・チルギ
b0128159_10362680.jpg



今回、初めての審査を受ける白帯から赤帯までが、日頃の練習を十分に発揮できたでしょうか?

入会したばかりの道場生も見学でしたが、先輩方の姿から何かを感じ、学んでくれたかな?

テコンドーがどんなものか?少しは伝わっていたと思います。

今回も課題の論文提出ありました。テーマはいろいろです。

難しいテーマもあったとおもいますが・・・・・・

論文課題に取り組むことで、自分を見つめなおすことが出来ます。

意識、目的、何が必要で何が大切なことか、自分自身に欠けているところも、見つけるきっかけになるんだと思います。

論文を読んでいると、日頃練習をする以外、あまり話をする機会が少ない道場生の本心を知ることが出来ます。内面の変化だったり。

文字を埋めるだけの作業や、どこからかの情報を自分のことのように書いたりは、心が見られないです。

一目瞭然です。どんなこともそうですが、魂が(心)が入っているか否かって形にあらわれてしまうものなんでしょうね。

その気持ちを知ることで、指導への意欲が湧いてくるという相乗効果があります。

        自分自身をよく知ること!   阿羅漢のモットーです!


■気合がはいっています!

b0128159_10374256.jpg



仮昇段審査には、赤帯の2名が参加。我が道場に来てはじめての審査。

黒帯の一歩手前ですが、難しい基本蹴りも確実に出来なくてはなりません。
もちろんプムセもです。

帰りの道で、審査後の心境を話してくれました。

「審査を受けた後輩道場生の姿をみて、自分は恥ずかしくない黒帯になりたい」

自分をごまかして、苦手なものもごまかして、もらった黒帯は恥ずかしいだけです。

テコンドーを長くやってきたから、そろそろ・・・・・・・・・・

それもおかしな話です。実力に見合ったものでなければ。

黒帯は飾りではありません。

常に客観的に自分自身を見る力を身につけていって欲しいです。

そして、向上心を忘れないで欲しいです。

黒帯がはじまりの一歩。

それを忘れがちです。初心を忘れないでくださいね!!!


というわけで、お説教になってきました・・・・・・


総評としては、みなさんよく頑張りました!もっと次を目指して意欲的に取り組んでいってください。

日頃の練習時はもっと緊張感を持って、一つ一つの課題を無駄にしないように。

テコンドーの練習ノートやメモなどをつけることも為になりますよ!

それから、気合は日頃から大きく出しましょう。


■遅刻のDさん・・・入っていませんね・・・・・・残念

b0128159_10354525.jpg


■白帯から8級(黄帯)へ挑戦中のIさん。<アプチャギ>

b0128159_1038344.jpg


■7級(黄帯)から6級(青帯)へ挑戦のSさん<トリョチャギ>

b0128159_1038168.jpg


■5級(青帯)から4級(茶帯)へ挑戦中のTさん<ティッチャギ>

b0128159_10383056.jpg


■黒帯目指して仮昇段審査
Kくん(中1) <ティフリギ&プムセ>

b0128159_10394165.jpg


b0128159_10394848.jpg


■仮昇段審査
Eさん <ティフリギ>

b0128159_10395639.jpg

[PR]