合宿そして、いざエジプトへ!



久しぶりの阿羅漢日記です!

寒くなりましたね~~~。

先日、日本代表合宿が埼玉県飯能で行われました。

b0128159_14125620.jpg


アジアジュニア(イラン)の代表6名とプムセが3名。

b0128159_14131270.jpg


もちろん、練習はキョルギとプムセは別々です。

ホテル、食事は一緒でしたが。

日本プムセの歴史に新しい幕開け!かな?

今回の合宿がプムセとしては初めてです。

来年からは強化指定も設け、合宿なども行っていくというお話も耳にしました。

外国に比べ遅れをとっている日本ですが、Y道場は過去に素晴らしい結果と実績を残してきています。

今回Y道場の師範が監督、そして韓国人の師範がコーチ。

日本が今後勝つために、何をどうするかを明確にご指導くださいました。

韓国のまねではだめです。金メダルの選手が完璧ではありません。

日本は日本のやりかたを見つけ出す必要があるようです。

今回の合宿で、監督、コーチから学んだことが今の私には大きかったです。

気持ちの持ち方が変わりました。

少し目標を見失いかけていた時期だったので、救われました。

新たな練習法もとても役に立つものでした。

道場でも生徒と実践していこうと思います。


それから、私がテコンドーを始めて長年指導してくださった師範とも沢山話が出来ました。

私一人が自分だけで立てる場所、どこにもないです。

やはり、繋がりというものを大事にしなければならないですね。


エジプトへは土曜日から出発。

かなりハードなスケジュールに時差。
私は大丈夫かな…

一回二回の韓国大会とは気分も違います。

協会からは激励会もしていただき、日本の代表なんだという自覚がわいてきました。

何が何でもメダル!

独立して指導する立場になりはじめて気付いた事がいっぱいあって、なぜ勝つことにこだわりメダルをとることにこだわるのかが、今頃わかりました。

今回の合宿はまた一つ勉強になりました。


代表三人、監督、コーチ力をひとつに頑張ります!


今日はエジプトの歴史、情報を調べたりしました。

行く国の言葉、歴史、文化、知っておく必要がありますね。

テコンドーの魅力は海外の文化に触れたり、いろんな国の人と接する機会が多いことも一つです。


そういえば合宿の論文課題があります!試合後も論文!


余談ですが、ヨーガは繋がるという意味なんですよ~

あっ今回のコーチは、ヨガもマスターされているようで、やはりテコンドーに良いことは勿論、やはり身体にも心にもいいんだと確信しました。
[PR]