第二回 昇級審査会

第二回 昇級審査会が行われました。

昇級のための、主な課題は

・基本蹴り
・ミット蹴り
・プムセ
・キョルギ
・課題論文
・インタビュー
・礼儀、胴衣姿、気合、修練態度、準備運動

みなさん、白帯から黄色帯になるための審査でした。
初めてのことで、練習の時とは違う面持ちで、とても緊張していたように思えましたが良く頑張りました。

論文では、その人の人間性を多少なりとも垣間見ることができます。
テコンドー人である前に、「人として」を大事にしていきたいので、このような課題を昇級審査の昇級にあわせて提出していただくようにいたしました。

テコンドーにどの様に向き合っているか、どこに向かおうとしているか、自分自身の内面と向き合い素直な言葉で書かれていました。
みなさんの、熱い気持ち、初心、を裏切らない為にも私自身、努力、精進していきたいと思いました。

プムセは常に、目の前にはっきりとした課題、成果が交互にあらわれます。
だからこそ、面白いんだと思います。
自分をコントロールすること!
これは、人生においても非常に難しいことで逃げてしまいがちです。
それを、プムセ、テコンドーを通じて、内面と深く向き合い、自己を良く知ることにより、社会生活、人生そのものが素晴らしいものへと近づくことを願っています!

昇級審査を終えられた方、お疲れ様でした。
また、サポートしていただいた練習生のみなさん、ありがとうございました。
みなさんに強く支えられ、テコンドーの指導をさせていただけることに感謝いたします。

指導者として大きくなるには、みなさんからどれだけのことを多く学べるかにもかかっています。
そういう意味でも、生徒こそ私の師匠なのでは。
これからも全力で頑張っていきます。宜しくお願いいたします。

テコンドーが楽しい!
その言葉が聞けて大変幸せです!


b0128159_10375282.jpg



b0128159_10391492.jpg



b0128159_10402418.jpg



b0128159_1040533.jpg



b0128159_11111621.jpg



b0128159_11114239.jpg



b0128159_11121976.jpg



b0128159_11125347.jpg

[PR]